通帳に一銭も無い一覧

通帳に一銭も無い

次の日、家賃が入金される通帳を持って、銀行に行きました。

通帳は全く記帳がなされておらず、そういう嫁さんの駄々草な所も治さなきゃなぁ。。などと思っていたのです。

私の計算では400万ほど入っているはずです。

ちょっと多めに下ろして、連休でもとって家族旅行でもしよう。

叱りすぎてもいけない。

そう思い230万を窓口で引き出すことにしたのです。

 

順番が来て窓口に行くと、耳を疑う話が待っていました。

引き出すお金が無いのだそうです。

その時には私とて学習していますからね、すぐ嫁さんがやったことだと気が付きましたよ。

時間が立ち過ぎて記帳ができない箇所は後から郵送、記帳できるところは出来る限りしてもらいました。

10万や5万などを下ろしながら、ここ何ヶ月かは大胆に30万50万と、大きな金額で下ろしていました。

家のお金は全くないということになります。

これは由々しき問題ですよ。実に由々しい!

 

200万の請求がかかってるカード会社からは、引き出し場所などを知らせる封書が来るはずです。

それまでは時間が稼げるとして、私はどこかから200万を調達しなければならなくなったのです。

自分の実家に頼むことも考えましたが、家まで貰う約束をしているのです。

現金などは妹が相続すべきお金。

そこから巻き上げるというのも考えものです。

これは嫁さんの実家に言わせるしかない。

なにしろ嫁さんが為出かしたことなのですから。

 

働いてもいない嫁さんは、たったの2年間で700万円もの使途不明金を作ってしまっているのです。

いくら減給で困ったと言っても、年間350万の年収で家族4人暮らしている人も珍しくないご時世。

それに月給手取り25万から私の小遣いと財形貯蓄、生命保険料、ドル建て年金保険料などを引いた15万は渡していました。

ボーナスなども全て渡していたのですよ。

これはあまりにも計算が合いません。

会社に早退願いを出し、家路につきました。

財形貯蓄やドル建て年金は解約しなければならないでしょう。

生命保険からも、契約者貸付などが出来るものはしなければ。。。