あれから1年後一覧

あれから1年後

一年が経った2010年の4月。

私自身年俸が50万、上がることとなりました。

それまでサラ金やノンバンクへ、利息に加え若干の元金も入れていました。

元金が全く減らないということも、ストレスですから。

それにないか物入りがあれば返済済みで生まれた「貸付可能額の範囲」で、再び借りればいいのです。

 

一年も丁度経ったあたりですから、出資していた製品も出来上がってくるでしょう。

度々サンプルなどの報告は、A共々受けていました。

私たちは販路の確定のため二人で暇を見ては駆けまわり、良い手応えも感じていました。

嫁さんは働き出したこの1年で、、パートの時給が30円上がったと喜んでいましたっけ。

誰でも評価を受けるということは嬉しいものですよ。

 

例の出資をしている液剤。

こちらでサンプルを製作するために、液剤だけを20バルク(20L入のケースを20個ということ)を取り寄せていました。

これは出資300万の中から引いてくれて構わないといいました。

それは書面として送りましたよ。

なにしろこちらの営業活動に必要なものなのですから。

予めサンプルとして別容器に入れなおし、取引の予定先に渡していました。

製品が出てくるのはもう少し送れると言われていました。

 

「ちょっと中身を調べたほうがいいかもしれないよ。はじめに貰ったものより効果が薄い気もするし、なにしろ容器が変形してくるんだ。これってもしかすると雑菌か何か混入しているかも。」

そうサンプルを渡した先から言われたのは、夏も盛りの7月のはじめでした。

「いやいや、除菌効果もあると謳ってるものですよ、雑菌が入ってるってアリエナイ!」

そう思いましたが、同時期にAもそのように言われて帰ってきたことがあり、調べる必要があると考えました。

 

民間の調査会社に依頼し、菌の混入を調べた結果、なんと雑菌が入っているではありませんか。

容器に入れ直すときにこちらの落ち度があったかと、未開封のバルクも調べました。

どちらかというと「私たちの手落ちであって欲しい」と望んでいましたよ。

だって除菌効果を謳ったものに菌が混入してるだなんて、「そもそも」からひっくり返ってしまうではありませんか!

そんな期待を裏切る検査結果でした。